幼児から始める
オンラインおけいこ

今、そろばんで培われる能力が見直されています!!

集中力と忍耐力

短時間で規定の問題数を正確に解かなければならないそろばんは、非常に集中力を必要とする作業です。また、集中して導き出した答えでも、間違っていたということを何度も経験します。悔しさと正解する喜びをたくさん経験することで自然と忍耐力が身につきます。

一生使える計算力

筆算で数十秒かかる計算を、わずか5、6秒で暗算できるようになります。受験やビジネスで役立つ、早く正確な計算力が習得できます。

あきらめない力

あきらめない心が成功者の必須条件と言われています。

練習の繰り返し、進級テストにより、目標達成まであきらめない強い心を養い、自分への自信につながります。

記憶力

珠算式暗算の上級者は、答えのパターンを右脳で記憶し、右脳で処理します。この右脳を使用した暗記法は、すぐ忘れてしまうことなく直観像として長く記憶にとどまります。そろばんの訓練を重ねることで、この珠算式暗算を脳に身につけることができます。

情報処理能力と計算力

速さと正確さを要求されるそろばんの訓練を積み重ねると、物事を短時間で正しく読み取る力が身につきます。また、数字情報から分析・洞察を行う能力が培われ、一般社会でも必要な判断力の元となります。

創造力

  1. 創造的にものを考える
  2. 図形や映像を認識する
  3. イメージでの記憶が得意

「イメージ脳」「感覚脳」「芸術的な脳」が育まれます。

そろばんが一丁あれば、多くのことを習得することができます!

「ネットdeそろばん」は 計算をおもしろくする!

「ネットdeそろばん」では、珠算(そろばん)と同時に珠算式暗算も練習していきます。
オンラインの強みは、指の動きをしっかり見つめること!
通常では見えない頭の中の暗算も、指の動きで珠算式か、筆算式かをチェックします。

珠算式暗算と筆算(算数)式暗算の違い

筆算(算数)式暗算

数字を言葉に置き換えて繰り上げなどを記憶し、考えながら計算します。

左脳を使った計算で、学校の授業などでよく使われます。

珠算式暗算

そろばんの珠(たま)を頭の中にイメージし、その珠を動かしながら計算をします。

珠のイメージは右脳に記憶して動かします。

右脳の記憶力は左脳の10倍以上! 記憶したイメージは残りやすく、たくさんの情報も早く処理できると言われています。

つまり、右脳を使う珠算式暗算は、桁数が多くても一瞬で暗算できるようになる、とても優れた計算手法なのです!

珠算と暗算を並行して学ぶことのメリット

  • そろばんは、何年も習い続けて計算力を身につけるお稽古です。
  • 珠算式暗算を並行して練習していくことで、筆算式計算では不可能な高度な暗算力を身につけることができます。

増田代表のご挨拶

ネットde読み上げ暗算

生徒さんがご自宅でオンラインそろばん教室の授業を受ける様子をご覧いただけます。

体験授業から入会までの流れ

体験授業お問合せ・お申し込み

①保護者様へのご説明

②体験授業のお申し込み

体験授業

①1回目:1対1のオリエンテーション授業

②2回目:実際のクラスで体験授業

入会申し込み

①入会申込フォームより会員登録

②初回納入金決済

初回授業

入会申込WEBフォームより、24時間いつでもどこでも簡単にお申込みいただけます。

入会申込フォームはこちら

https://www.kaihipay.jp/forms?form_code=2843198968785650

  • お支払い方法は、銀行口座引き落とし、カード支払いがお選びいただけます。
  • お問合せからご入会まで、すべてWEB上で完結することができます。